yokohama

熱電併給 - エネルギー自給を可能に

このガス化発電装置は、電力エネルギー、熱エネルギー、バイオ炭、木酢液を生産します。木質チップは含水率 40%まで、チップのサイズ20〜50mmまでの幅広いバイオマス燃料が使用可能です。

エネルギー以外に生産されるバイオ炭は、EU基準で認められている肥料としての成分を多く含み、また木酢液は植物の生長促進剤として農業で使用されます。

RM IMPIANTI 熱電併給プラント

弊社は、20年にわたる経験からこの新しい技術を開発しました。バイオマス・プラントだけでなく、廃棄タイヤ、水質浄化後の泥、廃棄薬品など、エネルギー再活用の分野で、コンクールで優勝、また入札で契約しました。

ペレットボイラー